「優しい」よりも「私だけに優しい」と認識させるモテ男

ただ一人の存在に

女性にモテる為に絶対に必要な事って、やっぱり優しいということですよね。
何を以て優しいと断じるのかということは、なかなか難しい問題ではありますが、女性に対する優しさというのは気配りであると言い換えることが出来るかもしれません。
ちょっと困っている時に手を差し伸べるのも立派な優しさだと言えるでしょう。
じゃあ、色々な人に優しくさえしていれば、自分でもモテることが出来るんだね!なんて思ってしまうかも知れませんが、話はそう簡単ではありません。
優しいだけの人なんてことを思われてしまうと、強みであった筈の優しさもマイナスになってしまいます。
だからと言って他人に対して一切優しいところを見せなければ、それは只の嫌な奴です。もっとモテません。
一番大事なのは誰にでも優しいという事ではなく、自分にだけ優しいと女性に思って貰うことなのです。
あなたは僕にとって特別な存在です。ということを認識してもらうだけで、好感度はきっと鰻登りになるはずですよ。

八方美人にならないように

誰にでもいい顔をしている人って、いますけどそのような人たちは果たしてモテていると言えるのでしょうか?
陰では八方美人やコウモリ野郎なんていう風に言われてしまっているかもしれませんよね。
そのように周りから認識されてしまっては、折角好きな女性に優しくしても、その女性から自分はその他大勢の内の一人としてカウントされているに過ぎないと思われてしまいます。
そんな事になってしまっては、今まで人から好かれようとして行ってきた努力も水の泡になってしまいます。
努力を無駄にしない為にも多くの女性から、自分にだけ優しいと思われるようにしましょう。

大勢の前では

他の女性が見ている前で、たくさんの女性に優しくしていては意味がありません。どうせなら多くの女性にモテたいですよね。
優しくするのならば、一人一人に優しさの差異を付けることによって、自分だけが特別だと錯覚させることが可能になるのです。